平成30年度 北海道小学校長会 第5回理事研修会
      平成31年 2月22日 (金) ホテルライフォート札幌


 


1 開会の言葉

2 会長挨拶

3 議長選出

4 報 告
(1)全連小第231回理事会報告
(2)教育情勢
(3)会務・各部の活動
※各部は次年度活動計画を含めて
(4)第62回道小胆振・苫小牧大会進捗状況
(5)「企画研修委員会」の報告

※道教委行政説明 北海道道教育庁
・教員の欠員と選考検査について
・人材育成について

・学校における働き方改革について
・男女混合名簿について

5 協 議
(1)第62回道小胆振・苫小牧大会の全体会・分科会
(2)2020年度以降の研究関連分担について
(3)第62回度総会研修会の日程・議案
 ①平成30年度会務報告
 ②平成30年度会計決算・監査報告、次年度一般会計予算
 ③次年度北海道小学校長会活動計画(案)
 ④総会宣言決議
(4)第62回総会研修会までの諸計画
(5)第62回総会宣言文起草委員の選出<各ブロック1名>
(6)第62回総会研修会議長の選出<1ブロック代議員2名>
(7)全連小総会代議員の選出
(8)次年度の要望活動について
(9)次年度道小役員<会長・事務局長>の選考について
  ※新会長より就任あいさつ

6 議長退任

7 連 絡
(1)第71回全連小秋田大会の申込みについて
(2)次年度組織のための諸報告について
(3)総会研修会出席代議員への案内状の配付依頼について
(4)総会研修会開催要項の配付依頼について
(5)次年度の市町村別学校数<会員数>について
(6)退職会員の感謝状及び記念品について
(7)次年度会務予定<道小・全連小>について
(8)その他
 ①全連小バッジについて
 ②総会研修会・正副会長研修会・第1回理事研修会


8 閉会の言葉




 佐藤 寛之 副会長
 年度末の忙しい中、皆様には、全道各地からご参集いただき、感謝を申し上げる。
今日の理事研修会は、次年度の道小の方向性を決める大事な会である。
忌憚のないご意見をいただければと思う。
 

 全文表示
  大きく4点についてお話しする。
最初は,「学校における働き方改革に関する総合的な方策の答申について」である。
2点目は,「児童生徒の学習評価の在り方について」である。
3点目は,「質の高い小学校英語教育の推進のための小学校英語専科指導に係る加配定数の取扱いについて」である。



 高橋 信 副会長
 

 


(1) 全連小第231回理事会報告 概要報告 準備中
鈴木宏宣副会長  詳細は「全連小速報5号」を参照
①会長挨拶(種村会長)
             
②報告事項
 
 

(2) 教育情勢について
大石事務局長  全文表示
国内の情勢から大きく3点についてお話しする。
まず,新学習指導要領に関わる学習評価についてである。
次に,学校における働き方改革についてである。
3点目は,いじめについてである。
その他,千葉県野田市の児童虐待に端を発した緊急安全確認や新ルールの設定,体制強化策について,幼保・大学無償化決定について,体力テストの分析について


(3) 会務・各部の活動

〇会務日誌報告   梶野事務局次長

経営部
  竹嶋 充 部長
 
研修部
  川島 政吉 部長 
対策部
  砂川 昌之 部長
情報部
  横澤 英三 部長



(4) 第62回道小胆振・苫小牧大会進捗状況について
 新井 研修副部長 次長 
 
  瀬川恵 研究指名理事全文表示
 会員の皆様への第一次案内の配付は,平成31年2月22日付で
各地区校長会の事務局長宛に,会員数+2で郵送させていただいた。
各地区の会員への配付をお願いする。




(5) 「企画研修委員会」の報告
 木村俊夫 委員長  報告の概要
 企画研修委員会は,各ブロックの代表1名と札幌市1名,
そして,事務局役員4名の計10名での構成となっている。
今年度の企画研修委員会では,平成28年度の「最終報告書」の内容を受けて,
全国大会終了後に計3回の会議を行った。

                  
◇ 【道教委 行政説明

教職員課主幹  山下 幹雄 氏
教員の欠員と選考検査について
教職員課主幹  石原    氏
人材育成について
教職員課主幹 桑原 知己 氏
学校における働き方改革について
義務教育課主幹 川端香代子 氏
男女混合名簿について

    

(1)第62回道小胆振・苫小牧大会の全体会・分科会

   新井 研修部副部長
 第62回北海道小学校長会胆振・苫小牧大会の研究関連分担については,分科会一覧のとおりである。
胆振・苫小牧大会分科会一覧
 来年度,研究発表が当たっている13地区の理事の方に,「研究主題,副主題,分科会の研究課題,趣旨及び研究の視点」という冊子を2部配付した。各分科会分の研究課題・研究の視点が掲載されている。
1冊は趣旨説明者,研究発表者にお渡し願いたい。経費節約の為,冊子の配付は今回限りとする。
今後は道小HPからダウンロードし,印刷したり,データを活用したりしていただきたい。
研究発表が当たっている地区については,4月10日までに研究発表者の氏名報告をお願いする。
 

(2)2020年度以降の研究関連分担について

   新井 研修部副部長
  2020年度以降の道小研究関連分担についての地区への割り当ては一覧の通りである。
※2020年度以降 分科会一覧
 なお,全連小研究主題は2020年度から新たなものとなる。
それに伴い,分科会構成についても変更になる可能性がある。
全連小との整合性も図りながら道小としての分科会構成を決めていくので,研究発表の分担は変更になることもある。
 
(3)第62回総会・研修会の日程・議案について
  
次の5つの議案を審議し、いずれも総会・研修会の議題として承認された。
  

① 平成30年度会務報告について……大石 事務局長
② 平成30年度会計決算・監査報告について……神谷 会計理事
平成31年4月10日(月)に,第2回運営委員研修会において,
平成30年度の一般会計並びに特別会計の執行ついての監査を予定している。
結果については,第62回総会研修会で報告させていただく。 詳細報告
③ 次年度北海道小学校長会活動計画(案)について……池田 元治 委員長
「活動方針」は,昨年度の内容をベースに,主に次の4点に留意して作成した。
〇我が国全体の現状を分析し,時代の変化と今後の課題を明示すること
〇未来を見据えた教育改革の動向と,新しい時代に求められる資質・能力を重視すること
○学校が対応しなければならない課題を明確にし,校長 の明確なビジョンの下,学校が一体となって個々の児童 へのきめ細やかな指導と質の高い教育活動の充実を図 り,地域や社会全体で子どもの学びを促進する必要性を強調すること
〇今年度に胆振・苫小牧地区で開催される道小北海道大会の開催等を通して,本会が「チーム北海道」として道民の負託と信頼に応える学校経営を推進していること 詳細報告
④総会宣言決議について……松村 研修幹事

<提案とおり進めることを確認>
         

(4)第62回総会研修会までの諸計画について
 
以下(7)まで 松村 事務局次長 全文表示
4月1日から総会研修会までの間,地区代表者として道小事務所との窓口を
担当していただく各地区校長会代表者の氏名報告についてである。
・報告期限は,3月11日であるが、決まり次第,道小事務所に報告を願う。

 

(5)総会宣言文起草委員の選出について
各ブロックより1名の委員と道小幹事1名を加え,計6名で構成する。
各ブロックの起草委員選出地区は,総会・研修会出席代議員の中から起草委員を選出する。

  
本日中に起草委員選出地区を相談・決定をお願いする。

(6)総会研修会議長について
  2ブロックで相談し,総会研修会議長選出地区の決定をお願いしたい。
 議長選出地区は,議長氏名を4月5日(金)までに道小事務所へお知らせ願いたい。



(7)全連小総会代議員の選出について
 
 総会出席者は,全連小理事の道小会長・事務局長・副会長6名と代議員である。
 来年度の道小の会員数は1,014名となり,次年度代議員数は10名である。
 副会長を選出した地区以外の14地区から,代議員10名を選出する。


(8)次年度要望活動について
梶野 事務局次長 全文表示
昨年度の要望書と大きく変わるところはないが,各地区から寄せられた内容を分析した結果,
要望の高い項目を上位にした。
特別支援教育については,指名理事 道特協の三谷校長先生を通して確認していただいき,
へき地・複式校については,指名理事 へき複連の温泉校長先生を通して確認した。
また,高校の適正配置,部活動,中体連については,道中で確認している。


(9)次年度道小役員の選考について


 齊藤 信之 役員選考委員長
 ➀会長並びに事務局長の選考
 会長と事務局長は、会則により、理事研修会で選考決定し、総会・研修会で承認を得ることになっている。
 本日の理事会に先立ち、役員選考委員会を開催した。
 選考結果について報告するので決定を願いたい。
 
~以下のとおり決定~   
 
北海道小学校長会  会   長  大石 幸志 (札幌市立豊平小学校)新会長就任挨拶
            
  会計理事 神谷  敦 (札幌市立篠路小学校) 
               

 
松村 事務局次長
 ②副会長並びに監査委員の候補者の選考
  本日中に、各ブロックで副会長並びに監査委員選出地区を決定する。
  選出地区では候補者を人選し、総会・研修会で正式に決定する。総会・研修会では、会長が提案する。

 ③地区代表の理事候補者の選出
  選出については、地区で推薦する。総会・研修会で正式に決定する。
  総会・研修会では、会長が提案する。



 高橋 信 副会長
 たくさんの議題があった。次年度につなぐ、未来につなぐ理事研修会であった。
 皆様の ご協力に感謝する。



(1)第71回全連小秋田大会の申込み

新井 研修副部長  詳細フロー 秋田大会参加期待数
・締切が、例年より早くなっている。5月7日までに申込を完了しなくてはならない。
 この日までに、口座の方に、人数分の参加費を振り込まなくてはならない。

 昨年度までは、総会・研修会当日に参加費を持参していることもあったが、
 次年度に関しては、それでは、遅すぎるので注意をお願いしたい。

(2)次年度新組織のための諸報告について

以下(6)まで 松村事務局次長
新年度組織のための諸調査書類を各地区事務局長宛てに送付している。
それぞれ 所定の期日までに、道小事務所へ報告をお願いしたい。

(3)総会出席代議員への案内状の配付依頼について
   地区校長会代表者宛てに、送付予定である。
   各地区で、代議員・副会長・監査委員・理事・指名理事の候補者へ配付願いたい。

(4)総会開催要項の配付依頼について
  

(5)次年度の市町村別学校数(会員数)について
  

(6)退職会員の感謝状及び記念品について
   今後、退職会員が増えたら、道小事務所へ至急連絡願いたい。


(7)次年度諸会議年間計画予定について(道小・全連小)

 神谷会計理事
 <案>となっているが、ほぼ確定版として承知してほしい。

  ◇次年度北海道小学校長会 諸会議年間計画

(8)その他

梶野事務局次長
〇全連小バッジについて
  
「採用校長数、全連小バッジ配付数等の調査」に基づいて、
  全連小より「バッジ」と「バッジ支給の意義と目的」の文書が届き次第、
  地区校長会代表宛てに送付する。
  新会員・途中昇任・中学校からの転入校長にお渡し願いたい。


〇総会・研修会、正副会長研修会、第1回理事研修会について

  ・総会・研修会        5月13日(月)10:30~15:00
  ・第1回正副会長研修会   5月13日(月)15:00~

  ・第1回理事研修会     5月14日(火)9:30~昼

      ※午後から、第1回全道大会分科会運営者研修会(13:30~14:30) 会場は ホテルライフォート札幌



紺野 元樹 副会長 
 
熱心な討議のおかげで、次年度の道小の方向性が定まった。
 新会長も選出され 次年度への新体制の準備も整ってきた。
 理事の皆様には、1年間、道小の様々な活動を支えていただき、心から感謝を申し上げる。
 特に、全連小研究協議会北海道大会においては、運営面だけなく、分科会の趣旨説明等と大会の重要な部分を支えていただいた。感謝を申し上げる。