平成28年度 北海道小学校長会 第3回理事研修会
平成28年9月8日 (木) 小樽市民会館
8   

内容~概要~

 【報告事項】
(1)教育情勢
(2)会務報告・各部の活動報告
(3)文教施策懇談会・各課懇談会 報告
(4)第59回小学校長会教育研究小樽大会について
(5)その他

 【協議事項】
(1)各教育局・地教委への要望活動について
(2)組織の在り方検討委員会について

(3)平成29~31年度までの研究について
 【連絡事項】
(1)第4回正副会長研修会・理事会について
(2)これからの日程について
(3)その他

 
 奥村 昌利 副会長


 全文表示 
 松井会長
私からは、次の4点お話をする。
➀教員の資質能力向上に関するアンケート調査について
②学校における国旗及び国歌に関する指導について
③教職員研修業務の見直しについて
④札幌学院大学臼井教授の講演について




大徳 尚人 副会長
 
 


(1)教育情勢 全文表示
角野事務局長
国内の情勢から5点と、道内の情勢については、主な項目をお話しする。
最初に次期学習指導要領の審議状況の中から、「特別の教科 道徳」について、説明する。
2点目は、教職員の定数についてである。
3点目は、教科書問題についてである。
4点目は、中学生の自殺といじめについてである。
5点目は、児童虐待についてである。

(2)会務報告・各部の活動報告  
会務報告 全文表示 7月~9月  松村事務局次長 


各部の活動報告   
全文表示

 
全文表示
経営部  
長谷川敏之 経営部長
研修部 
 岡村宏安 研修部長
全文表示 全文表示
対策部  
吉川 修 対策部長
情報部 
駒形 情報副部長

 
 (3)文教施策懇談会・各課懇談会 報告 詳細は道小情報・道中だより 号外 参照 10月発行予定

  平成28年8月8日、道庁別館で、柴田教育長をはじめ幹部職員13名と文教施策懇談会が開かれた。
 その後、本庁において3つの分科会に分かれて各課懇談会が行われた。



 協議1 「学力・体力向上と教育環境の条件整備」
追加質問「体力向上の環境整備」
協議2 「生徒指導上の問題と解決のための方策」
追加質問「加配教員拡充や配置計画」
協議3 「教頭を取り巻く現状と課題解決のための方策」にかかわり,道小・道中の副会長及び教頭会代表から地区の実情を統括的に説明し,協議中に追加質問を行いながら,道教委の理解を得るとともに見解を伺い,意見交換を交え懇談が進められた。最後に,道小松井会長より謝辞が述べた。


 テーマ①の教育課程の編成・実施・評価・改善について,地区の実情を踏まえながら,以下,教職員定数の改善,専科指導教員の増員,期限付教員の配置,ICT機器の整備・拡充,小学校英語のための授業時数確保と,テーマ②の教職員の資質・能力の向上のための研修体制について,地区の実情を踏まえながら,以下,道徳・小学校での英語の教科化,公的な研修制度,研修の側面から見た広域人事,個人研修の推進,校内研修,研修関係の予算の変化などを説明し,追加質問を行いながら,道教委の見解を伺い,懇談が進められた。
全体会 
    石川満情報部長
 代読 
   
松村事務局次長
    
第1分科会 
   渡辺 元副会長
 テーマ①の子どもと向き合う時間を確保するための具体策について,地区の実情を踏まえながら,以下,少人数学級の早期実現と教職員定数の改善,教職員用パソコン一人一台導入による校務支援システムの早期実現,特別支援教育推進のための教員の加配措置,学校調査事務の整理・削減と,テーマ②の学校における危機管理の在り方について,地区の実情を踏まえながら,今後の「学校の危機管理」を更に推進させていく施策や具体的な対応などを説明し,道教委の見解を伺うとともに,追加質問を行いながら懇談が進められた。
 テーマ①の特別支援教育に関する条件整備の中で,特に知的な遅れのない特別支援学級児童生徒への教科学習の充実のために,交流及び共同学習を実施するに当たって,標準とする時数の関係,テーマ②のへき地教育における現状と課題の中で,理科や社会の学年別指導,飛び複式や変則複式,複式授業の困難性等を解消する人的配置の必要性などを説明し,道教委の見解を伺い,追加質問を行いながら懇談が進められた。
第2分科会 
  奥村昌利 副会長
第3分科会  
   大徳尚人 副会長
  
                                   
(4)第59回小学校長会教育研究小樽大会について 全文表示
分科会の充実について   大石研修副部長 
 小樽市小学校長会の全面的なご協力の下,この後の分科会運営者研修会をもつところまできている。理事の皆様には,研究提言の趣旨説明者,または運営責任者のお立場から,研究発表の内容や大会要項の原稿などについて,多くのご指導をいただきました。また,分科会の充実のために,研究発表者や司会者と連絡を取りながら,読み上げ原稿の作成等にもお力添えをいただき感謝申し上げる。
 さらに,各地区で大会に参加される校長先生方へ,事前に道小のホームページの分科会運営概要に目を通すように働きかけていただき,改めて感謝申し上げる。明日の分科会では,大会主題の究明に向けて,学校の在り方,校長の在り方についての議論が深るよう,この後の,第3回分科会運営者研修会においての話し合いをよろしくお願いする。

大会の運営に関わって   井村文俊 理事 
 最近の不安定な天候に多少不安があるが,630名を超える参加者が見こまれる大きな大会になりそうである。少ない人数での準備・運営を行う実行委員会なので,細かなところで行き届かないことがあるかもしれませんが,ご理解いただきたい。
 明日からは,ここ市民会館において全体会,第1から第5分科会,公会堂,教育委員会,経済センター,生涯学習プラザレピオで,他の分科会の開催される。最終日には香山リカ氏の講演会を予定している。
 その他として,駐車場,シャトルバス,昼食のことについて今一度ご確認いただきたい。全日程クールビズで進める予定である。

 

(5)その他


 

  詳しくは、『道小 情報 第3号』をご覧ください

(1)各教育局・地教委への要望活動について 松村事務局次長 全文表示 


(2)組織の在り方検討委員会中間報告について 澤井陽一 委員長 全文表示 

  今年度の「組織の在り方検討委員会」においては,これまでの3回の委員会の中で検討を重ねた結果,会費の値上げはやむなしと判断し,今後は,このことについて,各地区の皆様方からご意見を伺い,引き続き検討を進めていきたいと考えている。……
 
 


(3)平成29~31年度までの研究について 大石研修副部長 全文表示
副主題の変更案について説明する。「ふるさとの地から世界を見つめ,新しい社会の形成に向けて挑戦する子どもを育む学校経営の推進」という前回の案の「子どもを育む」という箇所を「子どもを育てる」に変更していきたいと考えている。……


大徳 尚人 副会長

 参会者の皆様に、ご協力に感謝する。

(1)第4回正副会長研修会・理事会について…………松村事務局次長
    平成28年12月19日(月)ホテルライフォート札幌
   第4回正副会長研修会       9:30~10:30
   第4回理事研修会         10:30~12:45
   第2回専門部研修会       13:30~14:30


(2)これからの日程について………………………… 松村事務局次長
 
  第3回分科会運営者研修会について
   開閉会式リハーサルについて

(3)その他
   


  田井博昭 副会長