平成27年度 北海道小学校長会 第3回理事研修会
平成27年9月10日 (木) 幕別町百年記念ホール
  

内容~概要~

 【報告事項】
(1)教育情勢
(2)会務報告・各部の活動報告
(3)文教施策懇談会・各課懇談会 報告
(4)第58回小学校長会教育研究十勝大会について
(5)その他

 【協議事項】
(1)各教育局・地教委への要望活動について
(2)組織の在り方検討委員会について
 【連絡事項】
(1)第4回正副会長研修会・理事会について
(2)これからの日程について
(3)その他

 
 八木副会長
若かりし頃は日勝峠を越えて、広い大空と大地の十勝に入ろうと考えた。
昨日は、日高山脈のど腹を(高速道路)くぐり抜けて、車でやってきた。感慨深い。
 道小教育研究十勝大会がいよいよ明日に迫ってきている。
そんな中、今日の理事研修会は大事な話合い、協議の場となる。よろしくお願いしたい。


 全文表示 
 松井会長
私からは、3点お話しする
一点目は、平成28年度文部科学省概算要求についてである。
二点目は、文教施策懇談会・各課懇談会の見直しについてである。
三点目は、今後の学力向上の取組についてである。


中村延広 副会長
  議事が盛りだくさんである。この後の会も予定されている。
時間厳守で実りある会にしたい。協力をお願いする。
 


(1)教育情勢 全文表示
角野事務局長
1点目は,今年度の学力・学習状況調査についてである。
2点目は,中教審等の動きについてである。
3点目は,いじめ問題である。
4点目は,教師の多忙化についてである。
最後に道教委の施策を中心にお話しをする。

(2)会務報告・各部の活動報告  
会務報告 全文表示 7月~9月  本間庶務理事 


各部の活動報告   
全文表示

 
全文表示
経営部  
東 国広 経営部長
研修部 
 佐藤智幸 研修部長
全文表示 全文表示
対策部  
澤井陽一 対策部長
情報部 
菊池守晃 情報部長

 
 (3)文教施策懇談会・各課懇談会 報告 詳細は道小情報・道中だより 号外 参照 10月発行予定

  平成27年8月7日、道庁別館で、柴田教育長をはじめ13名の幹部職員と文教施策懇談会が開かれた。
 その後、本庁において3つの分科会に分かれて各課懇談会が行われた。



 松井会長の挨拶では、第8期中教審の提言内容にふれながら、チーム北海道として教育課題に正面から取り組むことを表明した。柴田教育長からは、本道教育の現状から、学力向上、体力向上、いじめ防止、学校安全、食育、特別支援教育、コミュニティスクール、女性管理職の登用、服務規律の確保の九点にわたってお話があった。その後、角野局長から「北海道教育の今日的課題」と題して重点課題説明を行った。
 その後
 第1協議「学力・体力向上と教育環境の条件整備」
 第2協議「生徒指導上の問題と解決のための方策」
 第3協議「教頭を取り巻く現状と課題解決のための方策」
にそって懇談が進められた。



 教育課程の成果と課題では授業時数の確保について、以下、チャレンジテストの活用、道独自の制度設計による教員増、外部人材活用事業、ITCを生かした授業の在り方、地方における道研の研修活用方法、期限付き教諭の配置、司書教諭の配置、初任者段階教員研修、学力向上に関する総合実践事業、授業改善推進チーム活用事業、広域人事制度による成果などについて意見交換を行った。

全体会 
    中村延広副会長
第1分科会 
   北本義和副会長
子どもと向き合う時間の確保ため、人的配置の必要性について話題になった。行政側からは、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置を26年度から40名ほど増加しているというお話があった。危機管理については、既に配付されている各種資料の効果的な活用を図ることが話題となった。期限付きの教諭の確保については、現場の苦労を伝え、道教委による人材データバンクの創設について検討をお願いした。
特別な配慮を要する児童生徒の早期発見・早期対応、校内研修プログラムの活用、新しい形の特別支援学校高等部の取組の進捗状況と今後の見通し、障がい者差別解消法及び合理的配慮、特別支援学級担任の専門性の向上と今後の人材育成と採用に関わる見通し、特別支援学校教諭の認定講習を拡充や特別支援学級設置基準の改善などについて、一つ一つ丁寧な回答をいただいた。最後に、道中の理事から修学旅行の引率教員の確保について配分基準の弾力的な運用できるようにと要請があった。
第2分科会 
   佐藤寛之副会長
第3分科会  
     菊池守晃理事
  
                                   
(4)第58回小学校長会教育研究十勝大会について 全文表示
分科会の充実について   松村研修副部長
十勝小中学校長会の全面的なご協力の下,このあとの分科会運営者研修会を持つところまできている。理事の皆様には、分科会の研究提言の趣旨説明あるいは運営責任者の立場から、研究発表の内容や大会要項の原稿についてたくさんのご指導をいただいた……
大会の運営に関わって   石川 満 理事
 第2回の理事研修会以降、のべ14回の大会実行委員会事務局を開き今日に至っている。
事務局関係から三点報告する……
 

(5)その他


 

  詳しくは、『道小 情報 第3号』をご覧ください

(1)各教育局・地教委への要望活動について 本間庶務理事  全文表示
 
まず,平成28年度「国の文教施策及び予算に関する提案・要望」についてである。
道教委は,「学力・体力向上に向けた施策の充実」と「公立学校の教職員定数の改善充実」の2点を重点要望事項として,
国に要望している。


(2)組織の在り方検討委員会について 角野事務局長 全文表示
 今年度の課題については,例年の組織運営の在り方の検討や財政の検討に加えて,
税源移譲に伴う組織の在り方についても話題になるということで意識したいと考えている。

 



中村延広 副会長

 参会者の皆様に、ご協力に感謝する。

(1)第4回正副会長研修会・理事会について…………本間庶務理事
    平成27年11月12日(金)ホテルライフォート札幌
   第4回正副会長研修会       9:30~10:30
   第4回理事研修会         10:30~12:15
   道小道中合同研修会(道教委講話)13:00~15:30


(2)これからの日程について………………………… 本間庶務理事
 
  第3回分科会運営者研修会について
   開閉会式リハーサルについて

(3)その他………………………………………………池田会計理事
   全連小刊行図書の第2次普及文書について


  北本副会長

 例年3回目の理事研修会は北海道小学校長会教育研究大会の開催地で行うことになっている。
私も、3時間かけて十勝に入った。北海道の自然の広大さとそのすばらしさを感じた。
同時に、理事の皆様の参集するご苦労も改めて感じた。理事の皆様に感謝を申し上げる。
理事会終了後、第3回分科会運営者研修会を行う予定である。
今日ここで話されたことが、明日からの十勝大会につながっていくことを確認して第3回理事研修会を終わる。

第3回分科会運営者研修会

  写真で 報告